高い学力が必要

対応出来る生徒数に差が出ます

塾の講師には、高い学力が求められます。講師の良さは学力だけで決まるものではありませんが、判断材料として学力が重視される場面は少なくありません。学力がそこそこの講師と学力の高い講師のどちらに教わりたいかと問えば、多くの生徒が後者を選ぶのではないでしょうか。塾に通う生徒が皆、難関校を志望するとは限りませんが、講師に十分な学力がないと、難関校を志望する様な生徒の指導は難しくなります。また、講師の学力がそれなりだと、生徒から侮られるといったことにもなりかねないので注意が必要です。対応出来る生徒数にも違いが出ますし、塾の評判にも関わって来ますから、どの様な塾で教えるにしても学力は高いに越したことはありませんよ。

指導の幅が広がります

塾の講師としての仕事は、単に、勉強を教えるだけではありません。受験対策や試験対策をする場合には、問題から傾向を分析する必要がありますし、学習指導要領がかわれば、速やかに対処することが必要になります。また、得意な部分はもちろん、不得意な部分も生徒によって様々です。分からないとハッキリ告げて来る生徒もいれば、黙ってしまう生徒もいるでしょう。同じ問題を説明する場合でも、生徒によって分かり易い説明は変わりますよね。けれど、学力が高くなければ、教えることに精一杯で、それ以外に対応出来る余裕は生まれません。生徒が躓き易いミスや理解し易い説明を把握し、幅広く対応出来る講師になりたいなら、高い学力は必須ですよ。

学びやすい小学生の塾は本人と相談して目標を決め、先生がうまくサポートしてくれることを確かめて選ぶことがポイントです。