子どもたちの将来を考える事ができる

塾に通う子どもたちは様々

学習塾といえば、子どもたちの習い事の代表的なものですね。小学校から中学高校大学まで、様々な学習塾があります。さらには小学校受験のための幼児学習塾も人気です。塾に通う子どもたちも様々です。自分の意志とは関係なく親の考えで通っている子、本当に成績が悪くて悩んでいる子、学校の授業だけでは物足りなくて塾に通う子など、塾に通う理由は本当に多種多様です。勉強だけではなく、人とのつながりや、学校以外での経験を求めて塾に通う子だっています。たとえ同じ授業を受けていても、感じ方は人それぞれです。塾の先生に求められるのは、そんな個性豊かな子どもたちに寄り添い、それぞれの未来を一緒に考えてあげられる技量なのではないでしょうか。

子どもの個性に向き合う姿勢

授業料を払って塾に通っているのですから、そこには何かしらの目的があるでしょう。成績を伸ばしたい子がいたとして、塾の先生はその子またはその子の親に助言する事できます。個人指導が向いている子もいますし、集団指導の方がやる気の出る子もいます。自身の塾に向かないようだったら、それを指摘してあげることも先生にしかできないことです。親の思惑と子どもの考えを橋渡ししてあげる事も重要です。それぞれの子の個性を見極め、導いてあげることも先生の大事な仕事の一部でしょう。ひいてはその子の将来につながり、塾としての評価にもつながります。生徒一人一人の将来を考え、一番良いように導いてあげる事ができれば、塾講師としてはこれほど素敵な事はありません。

受験生にとっては冬期講習は最後の追い込みになります。ここでしっかりとラストスパートをかけて受験に臨みましょう。