個別指導塾か集団塾どちらで働くのかを明確にする

自分の性格によって働く塾を選ぶ

塾講師として働く時には、個別指導塾か集団塾どちらで働くのかを決める必要があります。この2つは、子どもに勉強を教えるという点で共通していますが教え方や雰囲気などが違ってきます。そこで、自分の性格にあっている方を選択しましょう。例えば、内気な性格で大勢の人とコミュニケーションを取るのが苦手という場合は、個別指導塾で働きます。個別指導塾は、マンツーマン指導なので一度に複数の人とコミュニケーションを取らなくて済みます。話すのがそこまで得意でない人でも、リラックスして生徒に勉強を教えやすい環境です。

逆に、人と会話するのが好きで出来る限り多くの子どもたちとコミュニケーションを取りたい場合は、集団塾の方が働きやすいです。集団塾は、一度に複数の生徒を相手にするので、コミュニケーションが得意な人に向いています。

仕事の結果に影響してくる

塾講師として働く場合は、個別指導塾で働くのかそれとも集団塾で働くのかを適切に選ぶ必要があります。もし、ここで選択ミスをすると仕事の結果に影響してくる可能性があるでしょう。例えば、内気な性格で複数の人と同時にコミュニケーションを取るのが苦手な人が集団塾で働くと緊張することが多くなります。緊張する事によって、上手く生徒に授業を教える事が出来ずに生徒の学力が伸び悩む事があるので良い結果を残すことが難しくなるでしょう。

そうなると、生徒の保護者からクレームがきたり、上司からの評価が落ちてしまう事になり塾講師として活躍出来ない状況になることもあります。そうならないように、自分がリラックスして勉強を教える事が出来る塾で働く事がポイントです。